忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

10月1日のこと。

わたしはなんだかみょうにイライラしていまして。
夕飯に出すイカ焼きを皿に盛り付ける時、
イカが床に落ちた、その時。
ブチギレ!!
イライラが静かに静かに溜まっていて
イカが落ちた瞬間に堰を切ったようにイライラ爆発!
「ムカツク!」か「イラツク!」か「モウヤダ!」と何かを口に出して
もう態度に出てしまいどうしようもない状態に。
イライライライライライライライラ。
殺気を感じた夫が「でかけてきたら?」と言ってくれて
レイトショーを観に一人でお出かけ~。

イライラは自己主張が激しくなってきたオウの育児に
行き詰まりを感じているから。
いろいろしでかしてくれるお年頃なんだよなぁ。
車のオモチャを投げてコップいっぱいの牛乳を
ぶちまけてくれたり。
そんな出来事が毎日のようにある。

しかしそのイライラは胸にしまいうまくやり過ごしていたのに
イライラが爆発したのはイカを落としたためで
そのイカを落としてしまったのは完全にわたしの落ち度なんですがね。
ためてきた怒りやイライラや悲しみ、そういうネガティブなものが
ちょっとしたきっかけで爆発してしまうことってあるよね?ナイ?

まずは映画館近くのタリーズでカプチーノを飲む。
フッハー。これだけで気は済んだ。
「もう気は晴れたし帰ろうかな?」と一瞬思ったけど、
でもせっかく出かけたし映画も観ることに。
観たのは「おくりびと」。
モックンと言えば「水曜日の情事」「今夜ひとりのベッドで」。
罪なオトコの役が似合うね。いつまでもカッコヨス。

感想は・・・
ポップコーン抱えて号泣!号泣!!
泣きすぎて鼻までズルズルのドロンドロン。
最終的に鼻が詰まって息が出来ない!
声を出さないように口をふさぎながら観たほど。

この映画は身近で亡くなった人の事を思い出しちゃうね。
わたしは2006年の夏に亡くなった母方の祖母を
思い出してしまって落ち着いて観られませんでした。
でも、泣くってストレス解消になるんだよねぇ。
溜まっていたイライラはどこかへ飛んで行った!

オウはお留守番の間おりこうさんにしていたようで、
25時頃家に着くとぐっすり寝ていました。
不良母ちゃん、翌日顔パンパンでした。

PR

1日のこと。

子育て支援センターから紹介され、中学校でボランティアしてきました。
中3を対象に行っているもので、
「中学生の子育て講座」の赤ちゃんモデルとして。
赤ちゃんというかコドモ化していますが・・・。
始めてもう5年目だそうで。

赤ちゃんって泣いたりわめいたりぐずったりするんだよー
ってことをわかってもらうため実際の赤ちゃんと会わせるので
オウみたいなウッサイ子でも大丈夫そう、と思って引き受けました。

参加者は8組ほど。
ネンネの赤ちゃんもいました。
この中学の卒業生という父さんもいました。
中学校に入ると懐かしいにおいがする~。
会場は図書室。
オウも少し緊張しているのか、
ちゃんと手をつないで歩いてくれました。
中学生と赤ちゃんの触れ合いの前に
他の教室で中学生たちは子育てについての講義を受けてきます。
1クラスごとにやります。もちろん男女とも。

図書室に敷かれたマットの上で赤ちゃんとお母さんは待機。
IMG_3780.JPG







このオモチャは中学生の手作りですって。

中学生がやってきました。
オウはドアまで走って中学生をお出迎え。
女子生徒の脚に抱きついたりといきなりセクハラ!

まずは自己紹介、それから実際に一緒に遊びます。
オウはまずは女子生徒にまとわりついていたよ。
女好きだから仕方ないね。フフ。
その後、男子生徒のところにも行って、
「オウ、どこいった?」「オウ、こっちこーい」と
なぜか大人気に。
物怖じしないし、積極的に動いているからというのも
あるだろうけど、おそらく男子はハイハイくらいの赤ちゃんだと
どうして良いかわからないんだろうなぁ。
オウくらいの大きい子だと遊びやすいと思います。
女子はわりとモロ赤ちゃんでも大丈夫そうでした。

子育て支援センターの人にも、ほかのお母さんにも
「オウくんすごいねぇ・・」と言われるほど
どんどん中学生に馴染んでいく。
人見知りしない子だとは思っていたけど、
まさかここまでとは思わず、呆然。
わたしは極度の人見知りだから、
「本当にわたしが産んだんだっけ?」て思ったよ。

うつぶせに寝そべっている男子の背中に抱きついたり、
あぐらをかいている男子の脚の間に納まってみたり、
最終的には男子にべったりしていました。
男子の方が「オウ、オウ」と呼んでくれたからかな?

子育て支援センターの人が
「皆さん、受験勉強の合間に子育て支援センターに
いつでも遊びに来てくださいね~」
と言っていました。
そうか、受験なんだね。

その後、お母さんたちが「妊娠した時」「出産した時」「子育ての感想」
などのインタビューに答えました。
オウは途中マイクを奪って「ア゛ーーーー!」とかやりました。
やると思った・・・けど、笑いが取れたのでいっか。
中学生は感想文、わたしたちはアンケートを記入して終了。
オウは中学生のペンケースに興味津々。
色とりどりのペンを全部出してご満悦。
困ったことに男子生徒のペンを一本破壊してしまいました。
謝って弁償しようと思ったんだけど「だいじょうぶッス^^」と
笑顔で行ってしまいました。イイコだ・・・。
生徒が図書室を出て行くとき、オウも一緒に行ってしまい、
担任の先生が抱っこして連れてきてくれました。
もうクラスの一員になった気でいるな・・・。

触れ合っている様子は写真には収められず、残念。
(中学生が写るとマズいので)

終わってまだ興奮が冷めないオウ。
IMG_3782.JPG









背中に貼ってあるのは月齢です。
「1歳9ヶ月はこのくらい動くんだな」と
思ってもらいやすいからだそうです。

オウがあまりにも積極的なので
わたしの出番はほぼなかったです。
顔がわたし似でカワユイ方ではないから(自虐)
中学生に邪険にされたらかわいそうだなぁと
ちょっと心配だったのだけど、
オウは愛嬌の良さで乗り切ってくれました。
性格は夫似で良かったぜ。
(夫もここまでじゃなかったと思うけど)

中学生がこんなに赤ちゃんたちと楽しく遊んでくれるとは
思わなかったから、ちょっと感動しました。
最近少年犯罪も多いしわたしが中学生の頃とは
全然違うんだろうなぁと思っていたけど、
そんなことないねぇ。
みんな良い子で「赤ちゃんなんて、ケッ!」て
顔している子は一人もいなかったよ。
大げさだけど、未来は明るいわぁと思えました。

IMG_3785.JPG







このボランティアは14日も行ってきます!

29日のこと。

保育園の申請は今月上旬にしました。が、
わたしが希望するS保育園は待機児童10人で、
このままただ待っていても空かないのです。
両親ともフルタイムの仕事に就いていて
なおかつ他に子供の世話をする人(祖父母とか)が
いないお宅が優先されるから。

そのため週3~4日のパートをしたいと思っても
(この程度働きたいと思っている子持ち女性は多い気がする)
保育園には入れないし、まず不可能。

ということで、フルタイムの仕事が見つかるまでは
家庭保育室というところに預けようかな、と。
見学に行ってきましたのは、G保育園。
うちの自治体指定の家庭保育室で、いわゆる無認可保育園。
いやだねぇ、無認可っていう響き・・・。こわいっすねぇ。
でも申請してもフルタイムの仕事がないと入れてもらえないし
仕方がないんだよね。

ビルの2階にあって、階段の昇り口にはカメラ付きインターフォン。
1フロアが仕切り無しの部屋になっていて、広々としているし、
これなら目が届かないということは無さそう。
わたしたちが見学に行った時間はお昼寝が終わったばかりで、
みんなお布団を片付けているところでした。
まだ布団でゴロゴロしている一歳代の子がいて、
調理師のおばさんが布団を持ち上げてその子が
ゴロゴロッと床に転がったんだそうだ。(夫の目撃談)
「俺、オウがあんなことされたら許せねぇわ・・・」と。

排泄も順番にさせていて、おやつを食べる前は手の消毒をしていたし、
子供たちはきちんと座っておやつを食べていたし、
わたしたちが帰るときにはみんなで「バイバーイ!」と手を振ってくれたし、
みんなで作った工作や絵も飾ってあったりと、
その他は問題無さそうでした。
でも布団を持ち上げてゴロゴロはなぁ。
年寄りは結構子供の扱いがぞんざいだったりするしなぁ。
しかし、見学者がいるときにそういうことをするってことは
普段はもっと雑な扱いしているってことだろうか?

保育士は若い女性二人、若い男性一人でした。
若い男性は体力勝負担当という感じでフットワークが軽かった。
見学者なのに園内を駆け回るオウに、
両手を広げて「おいで!」と声かけてくれて
オウもフラフラと手中に収まっていました。ハハ。

やはり家を離れて生活するのも大事なんだろうなぁ。
みんなあいさつもちゃんと出来ているし、
集団行動ができているんだよね。
このG保育園にするかどうかはわからないけど、
オウのためにも保育園に預けるのは良い気がしてきました。
26日のこと。

今日は釜飯の日。るるる~。
080926_175848.jpg









近くに釜飯の宅配をしてくれるお店ができたのです。
いっちょ試してみるか!と。

夫はカキ五目。わたしは鮭いくら。
わたしが正解だったようです。
夫はアッサリしすぎたみたい。
ご飯が多目らしいのでオウには取り分けました。

はじめにご飯だけ食べて、その後薬味を乗せて、
最後におだしをかけて食べるんだそうです。
このちょっとした非日常感・・・。タマンネー

オウもガツガツ食べていました。
最後はお茶漬けにしてサラサラーっと。
イッチョマエー
良かった良かった。

給料日直後の定番店屋物に決定かしら。

その後、
080926_200011.jpg









キモチワリィ。

最近わたしや夫のTシャツをかぶって
オバケごっこみたいなのがブームらしい。
古着の薄いTシャツだとかぶっていても
周りがよく見えるらしく、お菓子を差し出すと普通に口あけたのよ。
「プッ」と思いながら口らしきところに入れてあげると
噛みたいんだけど噛めニャイ!てことになり、
オウはイライラ。面白かったです。

お母さん同士が同い年の会に行きました。
昼の部は花見以来。(夜の部はもちろん飲み会)
公民館の大広間を借りて、料理は一品持ち寄り形式。
飲みたい人はアルコール持参です。
IMG_3720.PNG







わたしは断然車の方が楽なんだけど、
飲みたいがためにバスで行きました。エヘ

さいきん急に妊婦ちゃんが増えて、
年齢的に二人目を考える時期なんだなぁと思ったね。

子供たちは放牧。
IMG_3722.PNG







いたずら。

IMG_3723.PNG







またいたずら。

IMG_3727.PNG









取り合い。

IMG_3726.PNG







オウ、頭でかくね?

オウは結構暴れん坊なのかも。
前からうるさい子、落ち着きがない子とは思っていたけど、
人を叩いたり(家族にはするけど)しない子だったのだけど、
年上の女の子を押したか引っ張ったかで泣かせてしまいました。
ガッツリ叱っても全然堪えてないし。キーッ!
他のお母さんには「だっこ~」と甘えて
「オウくんうまいよねぇ」と言われちゃったよ。

上の画像でねんねしている赤ちゃん、かわゆい。
「ふえ~」と泣いてもちっとも耳障りじゃなくて
『泣き』にカウントしていない自分にびっくり。
オウが小さい時は「ふえ~」くらいでも
「あ、泣いてる!」と思っていちいち策を講じていたのに。
二人目だとこういう感覚になるから
子育てに神経質にならないのかもね。

この赤ちゃんに興味を示したオウは
「なんで寝てるんだ?」て顔で見ていたよ。
「いいこいいこってしてね」と言ったら
ポムポム!と、なでなでのつもりらしいが力強すぎ!
またガッツリ叱って離れさせたら、
今度は馬乗りに~!イヤー!!壊れるー!
わたし謝りっぱなし・・・。
(多分うちでは寝ているわたしや夫に馬乗りになって
遊んでいるからその調子でやったと思われます)
オウより月齢が下の男の子なのに、
赤ちゃんに優しくなでなでする子もいました。
ちゃんと「かわいいなぁ」って顔で見ていたし。
なに、この違いは。

PREV PAGE HOME NEXT PAGE
 
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[01/31 ciao]
[10/12 アカネ]
[10/12 アカネ]
[10/12 アカネ]
[08/28 UO]
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
アカネ
性別:
女性
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
OTHERS
Powered by 忍者ブログ
Templated by TABLE ENOCH